上原 10月 of 土曜クラブ

知的好奇心×異学年交流×居場所づくり

milk_btn_pagetop.png

2009.10.24  演劇1

こどもたち♪1年生1人 3年生2人 4年生2人 6年生3人 合計8人
今日のスタッフ☆ともちゃん・きっくん
地域の方★1名

▶今回の「ねらい」はなんですか?
テーマは「相手を感じながら自分を変えていく」

☆今日の流れ☆
10:00-10:30  自主学習
10:30-10:40  片付け
10:40-11:25  オーネストを探せ!
11:25-12:00  るつぼー!!

今日のエピソード

プリントを机の上に並べると、みんなその中からやりたいと思うものを各々とっていき取り組んでいた。
Aちゃんは自分で持ってきたノードで作業をしていた。
30分経ち、こどもが飽きてきた様子。机の上に乗ったり走ったりする子が続出したので休憩をとった。
まず、スタッフが当てる役になり、ゲームの全体を説明。
いかにうまく嘘をつけるか、子どもたちの間で作戦をたてたりと盛り上がった。
次第に質問内容が尽きてしまい、盛り下がってきた。

ゲームのおおまかな流れを説明するとが、いまいちよくわかっていない様子。実践して見せると「あぁ!」と納得。やりたい人物カードを競って取り合う盛り上がりぶりも見せたが、場面を設定した途端、戸惑いが広がり、何をしたらいいのかわからない様子の子が続出。「宇宙船」という場面で、「宇宙船ジャックが起きた」というイベントを起こしたら、だいぶ気に入った様子。3年生Mちゃん筆頭に楽しんでいた。

スタッフの感想

きっくんがのりのりでナイスでした★設定が広すぎて子どもが悩んだり脱線したりしたので、それは改善点ではないかと考える。しかし、子どもたちが楽しめたことが一番だと思います。(ともちゃん)

2009.10.17 コラージュ2

ノートにコラージュ
他の子が使うかもしれないと、気を配っていました

こどもたち♪ 合計8人
今日のスタッフ☆ともちゃん・えみごん
地域スタッフ★1名

▶今回の「ねらい」はなんですか?
何の飾りもないノートが、自分オリジナルのノートになる

▶今回の「協同ポイント」はなんですか?
山になった材料を、みんなで一緒に使いながら自分のコラージュノートを仕上げていくというところ。他者の作品を横目で見ながら作業できる環境。

☆今日の流れ☆
10:00  怖い話大会
10:40  ノートにコラージュ
11:55  片付け

12:00  終了

今日のエピソード

1年生のAくんが怖い話の本を持ってきていたので、怖い話大会をすることになった。みんな、聞くよりも自分が話したい様子。競って自分の話をしようとした。
理科室でやっている学習教室に参加しなげればならないらしく、みいなちゃんは「このノートとっておいてね」というと残念そうに図書室を出ていった。
みんな思い思いにノートにコラージュをして楽しんた。女の子にはレースやリボン、モールやお花の切り抜きが人気だった。中には少ししかない材料もあり、3年生のKちゃんは他の子が使うかもしれないからと気を配っていた。
男の子たちは、前にやった怖い話大会に日伊豆られ手、コラージュよりも話に夢中になっていた様子。
4年生のMちゃんは、自分のコラージュをほかの子よりも早く仕上げてしまい、後半になるとてもちぶたさな様子だった。

スタッフの感想

自分だけのオリジナルノートを作れ、みんな満足そうだったのがよかった。改善点としては、片付けが大変だったので、もう少し工夫できないかということでした。

2009.10.10 コラージュ1

インスピレーション…!★☆★

こどもたち♪ 1年生1人 3年生2人 4年生1人 6年生1人 合計5人
今日のスタッフ☆ともちゃん・ゆりちゃん
地域スタッフ★早川さん

▶今回の「ねらい」はなんですか?
コラージュを知ってもらい、楽しんでもらうこと。


▶今回の「協同ポイント」はなんですか?
作品のは発表時間を設けたこと。

☆今日の流れ☆
10:00  スタッフと一緒に雑誌の切り抜き作業
        [はさみ、雑誌使用]

11:00  導入として2枚の絵(絵画とコラージュ)を見せて、比べさせた

11:05  画用紙を一人一枚配って、コラージュ作業を開始

11:45  作品発表
11:55  片付け
12:00  終了

今日のエピソード

・3年生Mちゃんは、自分の気に入った写真だけをカット
・1年生Aくんは、食べ物ばかりを作業的にカット
・30分くらいで飽きてしまった。

・クイズ形式でやったら盛り上がった
・2つの絵の違いになかなか気付けなかった

・3年生Mちゃんが最初は好調だったが、自分の気に入ったようにいかず、作業が停滞→スタッフがアクセサリー系の切り抜きをヒントとして見せたら、インスピレーションを受けたようで作業再開
・Mのちゃんは最初から自分のイメージに沿って作業していたが、40分くらいで終わってしまい、時間が余っていた。
・Aのちゃんは、黙々と作業をしていた。気に入った絵を自分で雑誌見つけ出して使っていた。
・Kちゃんは、珍しく作業を楽しんでいた。

スタッフの感想

・作業中にもう少し会話を増やす
・もっといろいろなパターンの切り抜きを用意する
・作品を完成させることができた。

2009.10.3 お休みです

次のページLinkIcon