広尾 10月 of 土曜クラブ

知的好奇心×異学年交流×居場所づくり

2009.10.31 お休みです 

2009.10.24 身近なもので実験!シリーズ~空気~

高学年の子が率先してにラストが上手く対応する描き方を教えていた

こどもたち★1年生2人 2年生3人 4年生1人 5年生1人  合計7人
今日のスタッフ☆にいや
地域の方々♪小林さん(ひ)さん・齋藤さん・放課後クラブの先生2名

▶今回の「ねらい」はなんですか?
日常生活で、特に意識することのない身の回りにある「空気」について、体感し、その不思議や面白さを見いだしてゆく。
▶今回の「協同ポイント」はなんですか?
工作・実験が中心のために、「協同」は中心課題には設定不能であったが、結果的に、蝋燭の火の管理やゲームルールの厳格化などに、先行して実験経験を得ることになった男子二名が積極的に参与していた。


☆今日の流れ☆
10:00-10:05    はじまりのあいさつ

10:05-10:20    空気実験開始
              *割り箸割り探求
               【割り箸(大量)・各種重量物・新聞紙(人数分より多め)】
               割り箸を全員に配布し、机の端において割り箸を折るのに
               どれだけの力を加えて押さえればいいのかを体感させる。
               まず、自分の腕で押さえさせ、次に、腕の代わりになる重りを
               探させる。その重りを次第に軽くしてゆき、ぎりぎり一番軽くは、
               どのくらいであるかを検討する。
               →究極は新聞紙一枚であるということを告げ、
               どうすれば可能であるか検討する。

10:20-11:35     *エアハンマー
               【45㍑ゴミ袋*6・スズランテープ・セロハンテープ】
               先の新聞紙は、大気圧の応用なのであるが、「空気の重さ」と
               いうことにして、「空気の重さ」体感ということに連接させてゆく。
               巨大ゴミ袋をふくらませ、それらをスズランテープで一つにくくりあ
               わせて巨大なハンマーヘッドを構成。これを振り回して対象にぶ
               つけることで、空気の重さを体感する。
            
11:35-11:55    ペットボトル砲

11:55-12:00     片付け・あいさつ 

今日のエピソード 

放課後クラブ経由でないユウトがいち早く登場。三回前の「お化け」の創作を自宅で継続し、新型インフルエンザで臥せっていて参加できなかった分を手渡してくれた。また、一緒にわざわざ臨川図書館から借りだした『お化けレストラン』という本も見せてくれた。
附属幼稚園の運動会応援に全員行ってしまうかと思いきや、大半の子どもたちがこちらに興味を示し、参加をしてくれた。

企画準備した効があったというものだが、力業系の導入に女の子は次第に興味喪失、早々に、二年生男子ユウト・女子マユと四年生男子アツシとの三人体制になった。適当な重量物が見あたらないために、展開を早回しにし、軽さの究極は新聞であるとの目標地点を告知。新聞一枚を重しにして何とか割り箸を叩き折る方法を考案することに……。割り箸に効率的に重さがかかるようにと何重にも折り込んだ新聞紙を割り箸の隙間に挟み込むことで固定するという方法を考案するなど、二人ながら各種方途を様々に検討してくれた。中には、ターゲットの割り箸に知人の名前を書き入れて、その人物への感情的要因までも動員しようとする姿勢は、微笑ましくもあった。

スタッフの感想★

今回は、付属広尾幼稚園の運動会が校庭において挙行され、大音量でその模様が伝わってくる中、当初の段階では、自主学習の取りやめどころか、地域の方から、「運動会観戦への転換」と完全撤退までもが示唆された。その中で、運動会観戦を忌避した子たちのための二次的な位置づけとして「学習会」が存在することになった。未明まで、試行錯誤の果てに、執り行う各種企画を検討・決定し、その配列を練り上げた上で、深夜に資材調達に奔走した身としては、憤懣やるかたないところであるが、ファンインのスタンスとしては、思い返せば本来このような緩やかで柔軟な対応を旨としていたのであった。(にいや)

2009.10.17 アニメーション~ソーマトロープ~

高学年の子が率先してにラストが上手く対応する描き方を教えていた

こどもたち★1年生3人 2年生1人 4年生1人  合計5人
今日のスタッフ☆つぼつぼ・ちむ
地域の方々♪地域の方2人

▶今回の「ねらい」はなんですか?
残像現象を体験、あそぶ

☆今日の流れ☆
10:00-10:50    自習学習
10:50-11:00    休憩・準備
11:00-11:55    ソーマトロープ              
11:50-12:00     片付け・あいさつ 

今日のエピソード 

子ども達全員、集中してソーマトロープの円盤にイラストを描く作業に熱中していて、自由時間中は集中力が切れて騒いだりすることはなかった。

低学年の子ども達は、はじめは円盤の表裏に対応するイラストを描くのに苦戦し、回転させても思い通りのイラストが出来なかったが、高学年の子が率先して他の子どもたちにイラストが上手く対応する描き方を教えていた。

描いている内容としては、雷が落ちるイラスト、夕日が落ちるイラスト、ピストルの弾が発射されるイラスト、コーヒーカップが倒れ、中のコーヒーがこぼれるイラスト等が多く、意外にも、人物が登場するイラストは少なかった。

スタッフの感想★

生徒が他の生徒にどうしたら上手く対応する絵を描けるか教えていたことや、生徒同士が共同(円盤を回して紐をねじる役とひっぱって回す役)して、一つのソーマトロープを回していたことなどから、今回のテーマは生徒達が共同して作業に取り組める良い題材だと思った。(つぼつぼ)

2009.10.10 おばけ2

少人数で障子紙にすらすら~っと

こどもたち★1年生1人 2年生2人  合計3人
今日のスタッフ☆つぼつぼ・ちむ
地域の方々♪地域の方2人

▶今回の「ねらい」はなんですか?
想像力を働かせお化けを書く。
日本の伝統の文化に触れる。(巻物、お化け、妖怪)

▶今回の「協同ポイント」はなんですか?
1枚の紙の巻物をみんなで完成させる。スペースを分け合う。
絵を描く際のアイデアを伝え合う。

☆今日の流れ☆
10:00-10:50    自習学習
10:50-11:00    休憩・準備
11:00-11:10    おばけ2開始!
               巻物第1エリアに絵を描いていく。
11:10-11:20        巻物第2エリア
11:20-11:30       巻物第3エリア
11:30-11:40       巻物を広げる。
11:40-11:50     観賞
11:50-12:00 片付け・あいさつ     

今日のエピソード 

・ いつもより人数が少ないので準備はてきぱきできた。
・ ゲゲゲの鬼太郎お化けの人気は健在。特に一反もめんが書きやすくて人気。
・思いついたことをどんどん書いていきます。
・ お化けは敵ばかりじゃない、と味方お化けが次々に登場。
・ 3人しかいなかったにも関わらず5メートル以上の巻物が完成しご満悦。

スタッフの感想★

インフルエンザの関係で、子どもがあまり来ませんでした。来たのはわがままや文句が多くとも毎回来てくれる女の子たち。なんだかんだ来てくれます。こどものお化けの想像力にスタッフは感動。特に「消しゴム」という消しゴムに顔がついただけのお化けがかわいらしく、おもしろく、胸を打ちました。絵を描く作業は子どもをうまく引き込むことができれば黙々と集中してやります。あの集中力を自習時間にも使ってほしい。でも思いつきが停止してしまうと集中が切れ、飽きてしまうようでした。おばけ図鑑を持って行くなど、創造の手助けとなるものがあればよかったかと思います。
(きっくん・つぼつぼ)

2009.10.3 おばけ1

※準備中です

milk_btn_pagetop.png

次のページLinkIcon