臨川6月 of 土曜クラブ

知的好奇心×異学年交流×居場所づくり

2009.6.27 にいやの空気砲2

こどもたち♪1年生2人 2年7人 3年生4人 4年生2人 6年生4人 計19人
参加スタッフ☆にいや・いっぺーちゃん・大平くん
地域の方々★小林ちよこさん・FOXさん・彦坂さん
学校の方々★校長先生・副校長先生・臨任の先生3名・放課後クラブ担当職員・
         放課後クラブ主任・特別支援学級関係(担当教員とお母さん)

今日から始まりました。渋谷区教育委員会土曜学習クラブ。

※渋谷区教育委員会プロジェクトの「基礎学力の向上」ということで、
  学校側が用意をした学習を1時間・いままで通りの学習企画を1時間という体制に
  変わりました。
2009.6_001.jpg☆今日の流れ☆
10:00-10:15   こどもたちの迎え入れ・挨拶・全体説明
10:15-11:00   自習学習(学校側作成教材・各自の持参教材)
11:00-12:00   ペットボトル空気砲作成→試射→ダンボール砲  

今日のエピソード

 今回から組織変更。いつも通り、開始が待ちきれずに飛び込んできてくれたミッシーは入り口で足止め。様相の変容ぶりにやや当惑した様子。同様に、一度放課後クラブに留め置かれることになった子ども達は、期待と不安の入り交じった表情で受付をすませていた。
 いつもの会場、理科実験室に導き入れられた子ども達は、いつもと違い学年別に振り分けられた机への着席を求められ困惑気味。取り囲む大人の多さに嫌がおうにも緊張感が走る。が、自習開始三十分も過ぎるといつも通りのやんちゃぶりを発揮し始める。ペットボトル砲作成時には、材料であるゴム風船そのものを気に入り、両手に持ちきれないほどの風船を抱える子も。体育館の二階からペットボトル砲の的となる風船類を投げ落とすという素敵な発想も、今回からは学校のルールで禁止事項に。惜しい限り。

 スタッフの感想

今回は渋谷区教育委員会プロジェクト初の学習企画時間でしたが、普段とは違う雰囲気に、にいやもたくさんの感想がありました。
ワード4ページにわたり、報告書を書いていただいたのですが、あまりにも長いため(笑)抜粋してご紹介いたします。

新しいスタッフの方々、先生方との意思疎通が非常に大切。特に事前の説明時間が少ない。

総じて低学年は、予測外に大きく変化が出る対象については興味を示すが、自らの意に反して変化が発生しない事態については、疑問を感じることやその原因追及について意識を持つことはない傾向にある模様。今後企画時に注意したい。

準備は万全に、対応は柔軟に。

また、この遊びを見事に引き出し伸張させていってくれていた大平氏は、今回初参加とは思えないほど。今後も期待(アテに)します。

巨大ダンボール砲作りは、単独で独立させて一回分の企画にするぐらいの充分な内容を持っていることが判明した。

それにしても、今回は想定外の事態が多く、とにかくぶっつけ本番であの騒乱状態の中を何とかやりきったという充足感だけはあるが、結果的にうまくいったと言うだけのこと。こちらの手を離れて、良好な子ども達の自発的な自己活動がなされていたという幸運に恵まれたが、毎回幸運が続くわけではないのだから、体制の構築や対応の考案が急務と思われる。
(にいや)

次回スタッフへのメッセージ!
組織変更で大所帯となり、全体での意思疎通のために、最初に全体打ち合わせ、終了後に反省会が執り行われることになった。遅刻厳禁。放課後クラブ主催で、学校の延長としての位置づけのために、ルールもそちらに準じることとなった。帽子を脱ぐ、お菓子や遊具など勉強に関係のないものは持ち込まないといった事柄にも意をはらうように、とのこと。

2009.6.20 にいやの空気砲1

てんやわんやにぎやか18人!!

こどもたち♪2年生8人 3年生3人 4年生3人 6年生4人 計18人
参加スタッフ☆にいや・いっぺーちゃん
地域の方々★小林ちよこさん・辻さん・竹島さん

今日はにいやオリジナル空気砲の日!!

☆今日の流れ☆
10:00-11:00   自主学習
11:00-11:45   導入(教材紹介とミニチャレンジ)
              傘袋砲弾飛距離競争・一斉打ち上げ花火
11:45-12:00   片づけ
              ペットボトル水抜き競争

今回は写真も撮る暇もないくらいのてんやわんやだったそうです・・・
にいや、ありがとう!!

今日のエピソード

自主学習では、各自課題をきちんと持ってきてやるようになっている。特に、一年時は持参のマスコットにばかり意識をとられていたM君が落ち着いて自習に取り組むようになった姿にスタッフ一同感動を覚えている。同様に全体の作業の中にもとけ込めずにいたが、今日は興味を示して集団の中にいることが出来ている。

今回は、空気砲の前段階として空気の不思議や素材となるペットボトルでのアレコレを体験してもらう予定でいたが、導入時に興味を引きつけるために作り始めた傘袋砲弾がたいへんな人気を博し、その後自然発生的にペットボトルを砲台にして砲弾が空を舞うようになったために、段取りを全部変更しそのままその路線で展開することにした。

 スタッフの感想

今回自然発生的に傘袋砲弾の遊びが起こり、子ども達の発想力を尊重して、こちらの段取りに無理矢理持ち込むのではなく、そのまま発展的に展開をさせて行くことにしました。先に見られたクーピー削りかす水性万華鏡作りや今回のりょうちゃんの静電気遊びなど、子ども達は、与えられた素材から様々に独自の愉しみ方を編み出してくれます。その柔軟な発想力にはただただ驚嘆するばかりです。次回以降は、こうした子ども達が作り出してくれた様々アイデアをもとに、さらに発展させていきたいと思います。

準備・段取りは完璧に、しかし、状況判断力と柔軟な対応力はさらにさらに大切に。子ども達は、こちらの予想もつかない色々なことを開発してくる天才ばかりです。
(にいや)

次回スタッフへのメッセージ!
6年生のK.Mちゃんがここに来て全体の作業に参加できずにいます。積極的に参加してきていた以前の様子が違っているのが気になります。3年生のRくんが傘袋砲弾を利用して静電気を起こしそれを用いて消しゴムのかすを吸い上げたり、紙片を踊らせたり、最終的には落下する流水をねじ曲げたりしていました。新ネタ開発してくれました。

2009.6.13 学校公開日のため、お休みです

2009.6.6 アニメーション2

微調整って難しいね

こどもたち♪1年生1人 2年生5人 3年生2人 4年生2人 6年生3人 計13人
参加スタッフ☆えみごん・にいや・いっぺーちゃん・放課後クラブの先生2人
地域の方々★ひこさかさん・こばやしさん・つちやさん
特別ゲスト!!大畑さん

今日は見学として、北海道大学院教育学院の大畑さんが来てくださいました!!

☆今日の流れ☆RIMG0028.JPG
10:00-11:00     自習学習RIMG0033.JPG

11:00―12:00    アニメーション

12:00―12:10    片付け

今日のエピソード

自習学習の時間に「この前はねんどを二回もやった」という感想を聞いた。どうやら2回連続はあきたらしい。(3年生Sちゃん、4年生Mちゃんのコメント)

五味太郎さんの「落書き絵本」で、お皿に料理をかきましょうというお題の落書き用紙をみつけて(A3サイズ)2年生の女の子と3年生の男の子が対決していた。「おいしそうな方が勝ち!」という用紙のコメントに魅かれたようだ。勝敗の決定を頼まれたので、「こっちの色どりのよいビフテキがいいな~」とジャッジした。

自習の時から、3年生Sちゃん、4年生Mちゃん、4年生のSくんがク―ピーの削りカスにはまっていた。水に入れたらもっときれいになるんじゃないかと、水槽に水を貯め、削りカスを入れた。そのうち、ペットボトルを探してきて、その中に移し、ぐるぐると回して竜巻を作ってあそんでいた。2時間すっと行っていた。

グループはカードゲーム組(6年生)・折り紙組・アニメーション組・削りカス組に分かれた。折り紙とアニメーションがくっついていたけれど。

 スタッフの感想

一緒に同じ内容をやるのって、難しい。「自習学習」くらい枠が広ければ可能だけど・・・
(えみごん)

次回スタッフへのメッセージ!
アニメーションは、2回連続でもイケるかも。前回は驚き板の土台からこどもたちと一緒につくっていったけど、今回はすべて用意して行ったら、絵がどうしたら動くかに集中して取り組めたと様子だった。(アニメーション組だけ)画鋲を使うのは改良すべきかな。6年生のMちゃんも今回参加してくれた。周りに「丁寧に描こう」という意識が少し広がったかも?1年生Kくんが、ソーマトロープを見事に完成させたのにびっくりした。折り紙組は、驚き板が難しいみたいで、回してみるのは進んで見ていたけど、つくるとなると別問題のようだった。ソーマトロープをもっと押せば、全体でアニメーションをやっている感がでるかも。