世田谷区立桜小学校
3年1組・2組
題材:

「心の花をさかせよう」
(再構成型描画ソフト「脳の鏡」)

内容:

・制作過程をビデオのように再生して見ることができる描画ソフトウェア「脳の鏡」を活用して「心の花」を制作

目的: ・コンピューターの特性である記録性を利用し、振り返り、描き直すことで自らの表現に工夫やこだわりを見つける。
・ 制作過程を作品化し、制作過程を自らの言葉で語ることで、他者を通した自己理解を深めていく

□■□□■□□■□当日のようす□■□□■□□■□
◇今日はなにをするのかな?◇

今日は「脳(のう)の鏡(かがみ)」というパソコンソフトで「心の花」を描きます。たくさん色が作れたり、線の太さを変えられたり、描いた過程がビデオみたいに再生できるのです。
始めに目をつぶって10秒、自分の「心の花」を想像してみたよね。どんな「心の花」が思いうかんだかな?

◇どんな「心の花」がさくのかな?◇
自分だけの色をたくさん作ったり、何度も描き直したり…描いている時のみんなの表情はとても真剣でした。
どんな心の花がさくのかな?
◇どんなのかいたの〜?

お友だちの作品も気になります。「自分の心の花はこんな花だよ!」「この形と色は、こんな気持ちをあらわしたんだよ」作品についていろんなお話が聞けました。
 この日は学校展覧会(てんらんかい)の日だったので、お母さんたちもたくさん見にきていて、みんな以上にみんなの心の花に興味しんしんでした。

◇たくさんの「心の花」がさきました!◇

太陽のような元気な心の花、生きものみたいに動きだしそうな心の花、見たこともないような素敵(すてき)な花がたくさんできあがりました!
一人一人顔がちがうように、心の花もそれぞれちがった表情をしていたね。
 
■□■■ 作 品 集 ■■□■
作品をクリックしてみてね。作品が動きだすよ!!!