2010年1月14日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

小学校教員の養成課程を設ける私立大学が増えている。

「鮮やかな色で大きく描いたほうがいいんじゃない」「分かりやすく説明するにはどうしたらいいかな・・・」。アイデアを出し合いながら、画用紙に絵を描いたり、写真を張ったり--。昨年12月、早稲田大学教育学部(東京都新宿区)の教室で、初等教育学専攻の2年生たちが、夢中で作業をしていた。

対人関係能力の育成を狙った生活科の授業。「学生生活を支える人々」というテーマのもと、学生たちは通学バスの誘導員や近くの飲食店店主など様々な人をインタビューした。近く発表会が行われ、その準備をしているという。「授業を楽しみながら学ぶことを、子どもたちの立場になって体験できるよう工夫した」。指導する藤井千春・同学部教授(51)は話す。

前身の高等師範部から1世紀以上の歴史を誇る同大の教育学部が初等教育学専攻を開設し、小学校教員の養成に乗り出したのは2008年。教育学や教育心理学、指導法などが専門の元教員養成大学教授ら4人を招き入れた。入学定員は30人で、1年次から少人数指導を徹底する。

同専攻2年の中江友里奈さん(20)は「きめ細かな指導を受けながら、いろんな教育問題についてクラスメートと議論する機会も多く、とても刺激になる」と目を輝かせる。

教科専門科目については、非常勤教員のほか、理学科や社会科など、学部内の他学科教員も指導に加わる。小林宏己(ひろみ)教授(56)は、「付属校をフルに活用できる教員養成大学・学部に比べ、実践教育ではまだ劣るかもしれないが、文系、理系ともに専門家がそろった教育学部教員陣の指導力を生かすことができる」とアピールする。

教員養成は戦後の学制改革で開放制の原則が導入され、認定を受ければどの大学でも行うことが可能になった。ただ、小学校教員の養成は「教員養成を主たる目的とする学科等でなければならない」と規定され、中学校や高校教員の教職課程に比べて手厚い指導体制が求められた。さらに、国による需給調整もあり、私立大学での小学校教員養成は抑制されてきた。

しかし、小学校教員需要の高まりを受け、国は06年度分から定員抑制を撤廃。これを受け、大学全入時代の学生集めに悩む私立大学の多くが、小学校教員の教職課程を設置した。文科省の調べでは、08年時点で小学校教員の教職課程を持つ私立大学は118校と、1998年時点(40校)に比べて3倍になっている。

東洋大学(同文京区)でも08年度から、文学部教育学科に初等教育専攻を開設した。文京区、荒川区など都内6区の教育委員会と協定を結び、1年次から小学校での授業観察など体験型学習を取り入れている。

教育学科の宮崎英憲教授(66)は「特別支援教育や社会教育など学科内の他専攻の科目履修が可能で、幅広く学べるのが強み」と話す。

私立大学の相次ぐ参入で、小学校教員の養成は新たな時代を迎えている。(奥田祥子、写真も)