2010年5月13日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

「今日のおかずのアスパラガスは、どこでとれたか知っていますか?」

周囲を田んぼや畑に囲まれた福岡県築上(ちくじょう)町立八津田(はった)小学校。4月中旬、給食の開始を待つ6年生の教室で、担任の前田智子教諭(47)が尋ねた。「そこのビニールハウスだよ」と児童たちが答える。この日のメニューは、米のほか野菜もほとんどが町内の農家で栽培されたもの。児童はご飯をほおばりながら、旬の野菜を味わった。

八津田小は2007年、米飯給食を週5日実施する「完全米飯給食」をスタートさせた。和食中心の献立とすることで、脂肪や糖分の多い偏った児童の食生活を改善するのが狙い。和食ならば、地元産食材の消費も拡大できるという町の期待も背景にあった。

全国平均では週3日の米飯を、週5日のすべてで完全実施。米飯のため、揚げ物や炒め物よりも、野菜をたくさん使った煮物や汁もの、魚料理を合わせやすくなる。「脂質の割合も減り、より栄養バランスのとれた給食になっている」と、同小の門田依子教頭(57)は説明する。

6年の川添修倫(かわぞえしゅり)さん(11)は「野菜も好きになり、好きなダンスを踊っても疲れにくくなった」と話す。

築上町教育委員会の主導で始まった完全米飯給食は、今年度で町立小学校8校すべてに広がった。来年度には、全町立中学校2校も加わる。

同町の神宗紀(こうむねふみ)教育長(69)は「子どもたちに健康的な食習慣を身につけさせるとともに、地産地消によって、地域の農業や自然への理解を深めてもらいたい」と語る。

調理員の人件費増などコスト面がネックとなり、完全米飯に踏み切れない自治体は多い。だが、築上町では、人件費は増えたが、米など地元産食材の活用が食材費の抑制にもつながり、保護者が支払う給食費は、以前の週3日の米飯時とほぼ同額に抑えた。

八津田小が、完全米飯開始1年後に行ったアンケートでは、児童の約8割が「ご飯給食が好き」と答えた。「子どもは和食が苦手というのは大人の思い込み。おいしそうに食べてくれるし、食べ残しも減った」と、同小調理員の和田享子さん(44)は手ごたえを感じている。(奥田祥子、写真も)