2010年1月19日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

日本語の美しさを学び、伝統文化を知る。

さよなら三角また来て四角。四角は豆腐。豆腐は白い・・・。

新潟県新発田市の市立五十公野(いじみの)小学校の1年生の教室から、かわいらしい歌声が聞こえてきた。2人ひと組で考えた、しりとり歌を発表する「日本語」の授業だ。

「四角は」から始め、10以上の言葉をつなげて、「ひかるはみんなの笑顔だよ」で終えるのがルール。前回までの授業で、思い浮かんだ言葉を画用紙に書き出し、うまくつながるよう整理した。ひと組ずつ順番に歌い、歌い終わるたび、ほかの児童が「サメが出てきたのが面白い」などと気づいたことを述べていた。

新発田市では今年度、文部科学省の教育課程特例校制度を利用し、独自教科の「日本語」を新設した。市内の全小中学校で年間20〜35時間を教えている。

狙いは、古典作品などを通じて日本語の美しさに触れ、表現力やコミュニケーション力を養うとともに、日本の文化や伝統に誇りを持つ心を育てること。市教委が作成した教科用の図書には、論語や俳句、短歌が数多く並ぶ。

一方で、子どもたちがあきずに「楽しく」学べるよう、各校で授業を工夫している。

同小の6年生の授業を見学すると、児童が机を向かい合わせにし、「長久安全」「至誠一心」などの4文字熟語が書かれた10枚の札をカルタのように取り合うゲームをしていた。

これらの言葉は、2004年の新発田城の復元に際し、町の繁栄を願って選ばれた「願文(がんもん)」。ゲームを終えると、この日の主題の、自分たちの願いを漢字4文字にまとめるオリジナルの願文作りに取り組んだ。

各学年とも、授業では、各自が感じたことや思いを発言したり、文章にしたりする機会を設けている。「作文などでも難しい漢字を使い、こった表現をする児童が増えています」と、同小の研究主任の鈴木真史教諭(45)は話す。

意欲の証しのひとつは、廊下の壁に並べられた児童作の五言絶句の漢詩。「金木犀(きんもくせい)」「鶯(うぐいす)」など学校で習わない字が多く見受けられた。

新発田市が参考にしたのは、東京都世田谷区の取り組みだ。

同区では、「日本語は思考や表現の基盤。日本文化の理解に不可欠」として、03年度から俳句作りや百人一首大会など、小中各校で日本語を重視した授業や行事を取り入れてきた。日本語教育特区の認定を受け、07年度からは教科「日本語」の授業(年間35〜70時間)を全小中学校で導入し、教科用図書を作成した。

区立船橋小学校の1年生の授業。冒頭に全員で宮沢賢治の詩や論語を暗唱した後、山上憶良の短歌の学習に入った。意味も説明するが、目的はリズムや響きを味わうこと。一首だけだが、授業の終わりには多くの児童が暗唱できるようになっていた。

小学校は古典や現代詩などの朗読・暗唱が主だが、中学の「日本語」は、三つの領域に分かれる。現代文などを読んで意見交換したりする「哲学」、ゲームの説明書作りなどにも取り組む「表現」、衣食住や伝統芸能などの知識を深める「日本文化」だ。

「自分の言葉で徹底的に考え、表現させています。受験の論文や面接にも役立つはず」と区立八幡中学校の君島光司校長(61)は話す。

言葉を友とし、子どもたちは明日への力を身につける。(関仁巳、写真も)

 

◆見直されはじめた伝統

茶道や和楽器、郷土芸能、古典の朗読など、伝統文化を重んじた学習に力を入れる学校が増えている。「和文化教育研究交流協会」理事長の中村哲・兵庫教育大教授(61)によれば、小・中・高で全国1,000件以上に上るという。

きっかけは、現行の学習指導要領(小中は1998年告示、高校は99年告示)に、総合的な学習の時間の設置や中学音楽の和楽器の必修化が盛り込まれたこと。さらに、06年の教育基本法改正で、教育目標の一つに「伝統と文化の尊重」が掲げられ、新学習指導要領に伝統や文化に関する教育の充実がうたわれたことから、動きは活発化した。

「戦後社会の行き詰まりで、教育界が長く遠ざけていた日本文化が見直され始めた」と背景を説明した上で、中村教授は、こう指摘する。

「大事なのは、単に過去の遺産を継承するのでなく、現代社会との関連性を踏まえ、新たな文化の創造へとつなげること。そうした視点を持った教員の養成も必要で、国の後押しに期待したい」