2009年9月29日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

田畑を教室にして、知恵や心を育む小学校がある。

学校の近くにある畑で、小学5年の児童14人が、地元農家の指導を受けながら白菜の苗を植えていた。

「これ、何?」。突然、男子児童が、かけらをつまみ上げて、農家の1人に聞いた。

「カニの殻。土にいる微生物の餌になるんだよ」

畝の上にトンネル型の枠を組み立て、目の細かいネットで覆う。質問が飛んだ。「なんで網をかぶせるの?」

「風よけと、虫よけのため。チョウチョが卵を産み、枯らしてしまうこともあるんだ」

児童たちは、新しい発見をして学校に戻っていった。

ラーメンによる街おこしで有名な福島県喜多方市。田園地帯にある市立慶徳(けいとく)小学校は、今年度から農業の授業を始めた。

喜多方市は2007年度、政府の教育特区として、小学校では全国初の「農業科」を設けた。3〜6年の児童が年間を通して田畑に立ち、土作りや除草といった農業のイロハのほか、自然とのかかわりを学ぶ。18校のうち14校が導入済みで、2年後には、すべての小学校で実施する。

きっかけは、白井英男市長(66)が3年前の春、たまたま目にした新聞記事。生命科学者で、JT生命誌研究館(大阪府高槻市)の館長を務める中村桂子さん(73)が、農業を小学校の必修にするべきだと唱えた内容だった。

「これは特区でできるのではないか」。白井市長のひらめきに、教育委員会の職員たちは最初こそ「本当にできるのか」と戸惑った。指導計画も副読本もなく、一から授業の準備をしなければならない。

ところが、いくつか農業高校を視察しているうちに可能性を感じた。中学校で不登校だった生徒が、高校で農業と出会い、1日も休まず学校に通い続けたという話を、何度も聞いたからだ。

農業教育の必要性を説く中村さんは「農業のいいところは、思い通りにならないこと。いくら素晴らしい農業をしても、台風が来たら、かなわない。自然の力はすごくて、あるときは負けても仕方ないと思うことで、人間らしい気持ちが育つ」と語る。

08年度に農業科を導入した市立上三宮(かみさんみや)小学校でも、1年間で、小さな変化があった。

全校のドッジボール大会を企画するとき、6年生が率先してルールづくりを提案。児童数68人の同小では、学年混合でチームを組む。6年生が低学年にボールを投げる場合、力の差は歴然としている。そこで、利き腕とは反対の腕で投げる決まりを考えた。

周りに泥がはねないよう静かに田んぼに足を入れる。下級生がたくさんの稲を抱えていたら、上級生が持ってあげる--。児童は思いやる行為を農業で自然と学び、田畑の外でも行動に移していた。

「農業の授業を通して、チームワークで働く喜びと気配りの大切さを体で覚え、その姿勢が学校現場にも広がりつつある」と、小関れい子校長(53)は実感している。

先駆的な授業に喜多方市が挑んで2年半。耕し、まいた種は、少しずつ芽生えている。(大谷秀樹、写真も)