2009年9月12日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

高校でも、社会人基礎力育成の取り組みが始まっている。

札幌市内の二つの市立高校の生徒が2日、市内にある人材サービス会社「キャリアバンク」の本社で、課題解決のプロセスを学習した。同市教育委員会が昨年度から全日制の市立高全7校を対象に実施している「課題探求プログラム」の一つで、体験学習を通じて社会人基礎力を育成するのが目的だ。

この日の企画・運営は、同社と、同社にインターンシップ生を送り込む小樽商科大学(北海道小樽市)が担当。札幌清田高校、札幌平岸高校の2年生計7人のほか、同大生10人も参加した。

与えられた課題は、「札幌駅前と大通駅周辺の商業施設はどう違うのか」。高校生たちは、リーダー役の大学生と4、5人ずつのグループに分かれ、客層や子ども向けサービスの違いについて、仮説設定から商業施設に出向いての野外調査、検証結果発表までを行った。

同大の岡部善平・准教授(41)によると、高校生にとって、大学生との共同作業は、すぐ先の将来をイメージしやすく、進路決定や職業観の育成にも役立つという。

参加した札幌清田高2年の秦史帆さん(16)は「意見を述べ合い、検証していく作業が面白かった。大学生が仕事をどう考え、就職活動をしているかも聞けて、良かった」と、満足げだった。

同市教委の課題探求プログラムには、模擬裁判や博物館でのイベント企画など、高校生向けに計21コースがあり、今年度は高校2年生を中心に約730人が参加している。

同市教委学校教育部の宮田佳幸・指導主事(44)は、「就職が目の前にある大学よりも、高校段階から体験学習を積み上げていく方が、社会人基礎力を養う効果を期待できる」と話している。

群馬県立太田東高校(群馬県太田市)では、2006年度から、社会人基礎力の12要素すべての育成に、1年生から3年生までの全学年で取り組んでいる。

例えば、チームで働く力の育成では、1年生は6、7人のグループごとに環境や国際協力など独自のテーマを設定し、協力して解決策を導き出す。考え抜く力では、2年生で、希望の進路を実現させるために今行動すべきことは何かを考え、発表したりする。

普通科や環境緑地科など4科を設置する長野県臼田高校(長野県佐久市)では、対人関係の基礎を磨くため、今年度から1年生を対象にソーシャルスキル教育に取り組んでいる。相手の考えを聞き、自分の気持ちを伝えることに始まり、感情をコントロールし、相手を思いやった言動を学ぶまでのプログラムだ。

ソーシャルスキル教育に詳しい法政大学の渡辺弥生教授(49)(発達心理学)は「ソーシャルスキルは、社会人基礎力の根幹でもある。早い段階から訓練するほど効果的」と話し、生徒の基礎力向上に向けた高校の創意工夫に期待を寄せる。(奥田祥子、写真も)