2010年6月18日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

「私は現在頑張っていることを発表します」。女子学生がそう言ってプロジェクターに映し出したのは、1週間の行動を時間を追って表にしたエクセルのデータ。サークルに費やした時間の多さを示しながら、「手話サークルの部長を務める私は、やはりサークルを頑張っていることが分かりました」と結論づけた。

「エクセルを使ったプレゼンテーションなんて斬新」など、学生たちが次々と発表を評価する。「日曜日は2時間しか起きていないけど」。教員が口にした疑問に、女子学生が「徹夜がたたって・・・。人間ってこんなに寝られるんだと驚きました」と答えると、笑い声がわき起こった。

富山大学(富山市)は2008年度から、「富大流人生設計支援プログラム」に取り組む。富山県がすべての中学2年生を対象に行っている就業体験「14歳の挑戦」に、大学生が「キャリアサポーター」として参加する。そのサポーターを育成するために開講されているのが、教養科目「キャリア基礎学習」だ。学生は中学生の指導役を務めるために、まずは基礎的なビジネススキルの習得に励んでいる。

「学生は夏にインターンシップで訪れる企業を秋に再訪問し、今度はその企業のことを中学生に教える側にまわる。学生には、自らの学びを振り返ることによって様々な気づきがあり、中学生にとっては、自分の将来像を考えるいい機会になる」。荒井明・特命准教授(42)が説明する。

昨年度リーダーを務めた経営法学科4年の宮腰裕之さん(21)は、中学校と企業の双方から要望を聞き、銀行の業務を考えるクイズや座談会などのプログラムを企画した。「金融業界への理解が深まっただけでなく、中学生に分かりやすい話し方を工夫することでコミュニケーション能力が高まった」と話す。

今年度のリーダーで経済学科3年の加藤大貴さん(20)は「中学生と接することによってもう一度自分を見つめ直し、今の自分の立ち位置を確認したい。その上で、いまの自分に足りないものを見つけられれば」と抱負を語る。

「キャリア教育をもっと長い期間でとらえたのが人生設計で、就職とは分けて考えるべきものだ」と荒井特命准教授は強調する。

内定はゴールではなく、大切なのはその後も続く人生を描くこと。同大があえて「キャリア教育」という言葉を使わない理由は、そこにある。(保井隆之、写真も)