2009年10月24日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

地域の人材を活用して、授業を進めている学校を訪ねた。

さいたま市浦和区の市立常盤北小学校で5年生が英語の授業を受けていた。「みんなは何をしたい?」。けん玉やめんこ、お手玉などのカードを見せて、英語で質問したのはさいたま市の小学校英語活動ボランティア講師(JAT)、水口智子さん(40)。水口さんの問いかけに、子どもたちは、やりたい遊びを同級生に英語で聞いて回り、仲間を集めていた。

水口さんは教員ではなく、小学校の近くに住む主婦だ。大学で英語を学び、予備校で英語を教えたことはあるが、小学校の教壇に立ったことはなかった。2007年に奈良市からさいたま市に引っ越してきて、市の広報紙を見てJATに応募した。子どもが小学校に入学する年で、学校に行っている間だけでも働ければというのが動機だった。

同市がJATを導入したのは05年度から。市の広報紙で募集し、現在は海外在住経験者や航空会社の元客室乗務員、元英語教師など、市内に約160人が登録する。有償ボランティアとして小学校に派遣され、担任とチームティーチングを行っている。

水口さんに不安もあった。予備校で英語講師として教えたのは文法中心だったが、さいたま市は「覚えるのではなく身につける」(市教委)というコミュニケーション重視の授業を目指していた。しかも、JATの役割は、外国語指導助手(ALT)に代わるもので、授業中はすべて英語で話すのが基本。「チームティーチングがどんなものか、イメージがわかなかった」のも不安を抱く理由だった。

実際には、授業が終わった後に担任との打ち合わせの時間を確保することで、たいていのことは理解できた。当初は担任に子どもが授業を理解しているか反応を見てもらっていたが、今は自分でも子どもの様子を確認しながら授業を進めるゆとりができた。市教委も夏休みなどの時期を利用してJATを集めた研修を行ったり、担当者が頻繁に授業を見に行ったりするなどして様子を確認している。

金沢市では、市内の模範的なベテラン教師や英語講師の授業を録画してサーバーに登録。専用回線でつないだ小学校の職員室のパソコンで見られるようにしている。教材の使い方や授業の進め方を見て、子どもの興味や関心をどうやって引き出すかの参考にする。

広島市でも、英語の授業に地域の人を採用してチームティーチングを実施している。特徴は普段の授業以外に、帯時間と呼ぶ週3回15分間ずつの時間を設けていることだ。

市が取り上げた6年生までに覚えておくべき500単語について、イラストと文字を印刷した「絵カード」で教えていく。授業では、500単語を中心にした文章や発音を覚えるため、子どもが授業を理解しやすいというわけだ。

様々な人材や工夫が英語の授業を支えている。(塩見尚之、写真も)