2009年5月6日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

家庭で勉強する習慣をつけるため、放課後の学校が活用されている。

3月上旬の午後。大阪府田尻町立小学校の放課後の教室では、1、2年生が一緒に、算数のプリントに取り組んでいた。若い男性講師が一人の女子児童の机の前でひざまずく。「そうそう、できたやん」。悩みながらも問題を解いた児童のプリントに、講師は笑顔で花丸をつけた。

小中学校で放課後に、子どもたちの自習を教員らがサポートする府教育委員会の「おおさか・まなび舎」事業。すでに実施されていた自学自習のプログラムを、橋下知事の就任後に一部修正し、昨年9月に再スタートした。今年度、政令市と中核市を除く小学校の半数以上、中学校は政令市を除く8割近くで実施を予定。2010年度には全小中学校への拡大を目指す。

週2日、1回2時間で、参加は自由。参加費は無料だ。授業形式ではなく、児童が自分の課題や学力に合わせてプリントを選んで解く。教員と一緒に、大学生などの「学習支援アドバイザー」が、机を回って個別指導する。

熱心にプリントを解く子どもたちの姿に、奥山昌一教諭(54)は、「理解が進んでいるのがひしひしとわかる。授業でも意欲が出ている」と目を細める。アドバイザーで小学校教員を目指す関本真実さん(23)は「つまずいていた子どもたちが成長していくのがうれしい」と話していた。

「まなび舎」のそもそもの狙いは、子どもたちが家庭で勉強する習慣を身に着けるようにすることだ。

2008年度の全国学力テストの生活習慣調査では、学力のみならず、家庭での学習時間でも、大阪府は全国平均より低い実態が明らかになった。平日に家庭で30分以上学習している子どもの割合は、小学校で76.1%、中学校で78.1%と、全国平均を約6〜4ポイント下回った。

府教委では、放課後学習に加え、昨年12月には「家庭学習の手引き」と題したパンフレットを作製した。小学校の低、中、高学年と中学校に分け、時間の目安や、漢字練習や百ます計算など取り組む内容を記したもので、全児童・生徒に配り、各家庭に協力を求めた。

学校でついた習慣を家庭での学習へとつなげるのは、そう簡単ではない。

田尻町立小では、学力に問題のある子どもについて、保護者に呼びかけたり、友人に誘ってもらったりして放課後学習に参加するよう促しており、全体としては、「宿題をきちんとやる子が増えてきた」(同小)という。

だが、中には、勉強を見る親が夜間、仕事や友達づきあいなどで不在がちなため、家に帰るとゲームをしたりテレビを見たりしてしまい、学習が難しい児童もいる。

「放課後学習は自学自習へのステップ。最終的には家で自ら学べる子を育てたい」と府教委小中学校課。放課後学習を自宅での学習につなげるべく、これからも模索は続く。(名倉透浩)