2009年10月20日 読売新聞東京本社 朝刊
新聞記事の画像

中学校の英語教師が小学校の教壇に立つことで、授業の魅力を高める試みがある。

奈良市立田原小学校の英会話の時間。「Can you play tennis?」「Yes,I can.」。教室にいる6年生8人が2人1組になってこんなやりとりを交わしていた。相手の持っているカードの単語を言い当てるゲーム。質問を作って問いかけ、当たるとそのカードがもらえるルールだ。

英会話のゲームを指導していたのは、担任と外国語指導助手(ALT)、そして、市立田原中学校の英語教師、鳥海一美教諭の3人だ。ALTと共にルールを説明するのは、鳥海教諭。小中一貫校である田原小と田原中で、9年間のカリキュラムに沿った指導の中心を担っている。

小中一貫校になったのは2005年4月から。政府の構造改革特区の認定を受けて、校舎がもともと隣り合わせだった両校をパイロット校に選んだ。体育館を隔てて隣接していた校舎を渡り廊下でつなぎ、職員室も一緒にした。学校要覧や教師の名刺も「田原小中学校」と印刷してある。

カリキュラムは1〜4年生を前期、5〜7年生(小5〜中1)を中期、8〜9年生(中2〜3)を後期に区分。英会話の時間は全学年でほぼ週1回、中学校の「英語」の教科書を使った授業は5〜6年で週1回、前倒しで勉強する。

分担は、鳥海教諭が英語の指導、ALTは発音など。担任は、補助教材「英語ノート」に沿って教える部分を担当する。新学習指導要領は、「外国語活動」について、「学級担任の教師又は外国語活動を担当する教師が行う」と規定しているからだ。

担任には、英語教師やALTと子どもをつなぐ大きな生徒役のような役割も期待されているという。カードゲームに担任が交ざるのも、教わる立場になることで、子どもたちの気持ちを理解する意味合いがある。全校児童が81人の小規模校にあって、ゲームをするにも、いつも同じ顔ぶれという状況に変化をつけることにもなる。

鳥海教諭は小中連携の効果を、教員間のコミュニケーションが増える点だと指摘する。英語担当の教員と担任が常に同じ職員室にいることで、授業の進め方や子どものつまずく点などを意見交換し、日常的に子どもの様子を知ることができる。

とはいえ、田原小は中学校が隣接しており、田原中の学区にあるのは田原小1校だけという物理的な好条件があった。木口篤校長は「複数の小学校から1か所の中学校に進学するような場合、建物を一緒にすることはできなかったかもしれない」と認める。

鳥海教諭も「中学校から小学校まで通って教えるのは時間もかかるし、別の小学校の職員室を訪ねるのは心理的な壁がある」と打ち明ける。

意思疎通の円滑化が、小中連携のカギを握る。(塩見尚之、写真も)