現場から見るICT教育
アイデアノートトップ>現場から見るICT教育・トップ

現場から見るICT教育@

現在、インターネットの世帯普及率は9割、パソコンの世帯普及率も7割を超えると言われています。生活に欠かせない存在になっている情報通信技術(ICT)に、学校教育はどのように関わり、実際の小学校の現場では、どのような取り組みがなされているのでしょうか。

今回は、東京都北区立赤羽台西小学校の事例から、「現場からみるICT教育」を取り上げてみたいと思います。

ICT教育の現状

北区立赤羽台西小学校の伊藤利恵子先生にお話を伺いました。

赤羽台西小学校では、今年度から「ICT教育」について研究しています。各教室にもデジタル教科書が設けられ、積極的に授業にICT教育を取り込もうとしている学校の1つです。

そこで、同校に8年間勤めている伊藤先生に、

「ICT教育の現場」を聞いてきました。

質問1 今の小学校は、どのくらいICTが導入されているのですか?

答え1

ようやくICTの教育環境が整ってきたところだと思います。

東京都の小学校では大画面テレビ、書画カメラが各教室に導入されています。

クラスの教室だけでなく、図工室、音楽室、図書室など特別教室もすべて導入されています。

以前は、「子どもたちがパソコンを使えるように」というねらいから、“パソコン室で何かをすること”が主流でした。

今は、「先生たちがパソコンなどの機器を使って、授業の中に生かす」にシフトしていて、“教室の中で提示をすること”が定着し始めています。

コンピュータのイラスト

「ICT」って何?

ICT(Information and Communication Technology)情報通信技術のことで、IT

(Information Technology)の中で、Communication部分をさらに強調した概念。

ITにC(Communication)が加えられることによって、知識やデータといった情報(Information)を適切に他者に伝達 (Communication)する為の技術(Technology)という、ICT(IT)が本来持つ役割が強調された表現になっています。

日本ではITという呼び方が一般的ですが、国際的にはICTという呼称が定着しています。 また2004年度より、総務省の「IT政策大綱」が「ICT政策大綱」と改称されるなど、日本でも徐々にICTという呼び方が定着しつつあります。

(参考)

我が国のIT戦略の歩み(総務省)

情報通信(ICT政策)(総務省)

インタビューに答える伊東先生の写真

赤羽台西小学校のICTの歴史

  • 約20年前
      “IC”と呼ばれていた時代。積極的にパソコンを導入していた
  • 約16〜17年前
      子どもたちが自由に“パソコン室”でパソコンを扱うことができた
  • 約8年前
      テレビ会議システムを利用し、宮崎県の学校と交流
      インターネットの掲示板を利用し、情報交換をする
  • 約4〜5年前
      大画面テレビや書画カメラを授業に活用し始めた
  • 現在(2011年)
      先生の半数以上がパワーポイントで授業を展開している
      電子黒板の導入、ICT教育の授業研究を進めている
Copyright©2011NPO学習環境デザイン工房