授業を広げるプラス1
アイデアノートトップ>授業を広げるプラス1>第2回:脱線の話がおもしろい先生になりませんか?

第2回:脱線の話がおもしろい先生になりませんか?

新聞記事をひらく

授業の中で、ちょっと横道にそれて脱線した話って、おもしろいですよね? 脱線の話で、子どもを引きこむ授業の展開をしてみませんか?

※「新聞を使って授業をしませんか?」の記事「宝の海・相模湾報告」再生の力「人間に応用」を使って

ウミシダの写真
ウミシダの不思議な力って知ってる? 腕が取れても、また新しい腕が生えてくるんだよ!
ウミシダってどんな生き物なの?

ウミシダ

植物の「シダ」に似ているのでこの名前がついています。

黄色、赤色など、色が鮮やかです。

岩や大型生物の上にしがみついて生活していて、羽のような腕「羽枝(うし)」を広げて泳ぐように移動します。

プランクトンを食べます。

腕の数は5の倍数

ウミシダは何の仲間なの?
ウミシダはウニやヒトデなど、棘皮動物の仲間だよ。

脱線の話1

棘皮動物(きょくひどうぶつ)の“5”の不思議!

棘皮動物のイラスト

からだの基本は五角形

中心から5方向に放射線状に伸びたつくりをしています。

たとえば・・・

  • ヒトデは星形本の腕を持っています。
  • ウニは5方向にとげが生えていて、本の歯を持っています。
  • ナマコも垂直に輪切りにするとつに区切られています。
  • スカシカシパンの体には個の細い穴があいています。
  • ブンブクチャガマの模様もつの放射線です。